お薬手帳

“かかりつけ”お薬手帳、順調に浸透

最近の医療業界のニュースとしては、かかりつけ、お薬手帳が順調に進展しているといったものもあります。
これは薬剤師に直接関わってくる部分になりますので、しっかりと覚えておきたいところではないでしょうか。

定期的に行われている国民の医薬品や医療に対する認識度の調査によって、前回よりもかかりつけ、
お薬手帳についての認知度が高まっているという結果が出てきたのです。

大きなポイント

こちらの調査によってわかったことはかかりつけ、お薬手帳が浸透しているということだけではなく、ユーザーが立地重視の薬局選びから、
サービス重視の薬局選びに重きを置いていることもわかっており、こちらについてはこれから薬剤師を目指す人材にとっては大きなポイントになってくるのではないでしょうか。

このような状況が進んだ場合には、よりコミュニケーション能力に長けた人材が求められる可能性もありますので、薬剤師としての能力以外にも求められる要素が多くなってくる可能性も考えられます。

薬剤師として成功するためには時代にあった能力を身につけていく必要もありますので、
薬局に勤めようとしているような場合には率先してコミュニケーション能力を磨いていく必要もあるかもしれません。

また、これらの向上に積極的に取り組んでいる学校をチョイスすることも大切になってくるのではないでしょうか。

インターネットでも動向を確認

今回の調査でわかったのは医療機関を利用する人達の意識についてですが、医療現場に携わる人材としてはとても重要な要素になりますので、
これらをインターネットのニュースなどを通じて手に入れることも重要になってくるのではないでしょうか。

かかりつけ、お薬手帳の浸透からわかるのは、一般市民の医療に対する関心の高まりとなっておりますので、今後このような市民が増えてくれば、
それだけ薬剤師や医師に求められるものもより大きくなってくるのではないでしょうか。

薬剤師を目指すのならばそれらに対応する必要も出てきますので、先手を打ってそれらのスキルを予習しておくことも必要になってくるかもしれません。
医療業界のニュースにはこのようなものもありますので、これから薬剤師を目指すのであれば、これらについても把握しておきたいところでしょう。