医療

病院薬剤師で働く

薬剤師の仕事の中には病院薬剤師というものもあって、こちらも薬剤師業界に入るつもりならば、覚えておく必要があるのではないでしょうか。
病院薬剤師はその名のとおり、病院と深く関係した職業になってきます。

頼れる身近な存在

病院薬剤師の主な業務について確認してみると、調剤や服薬指導、疑義紹介となっております。
さらに、病院ならではの連携を大切にしたチーム医療も必要になってきます。

注射薬や点滴の取り扱いを任されることもあって、こちらも病院薬剤師になるのならば、把握しておきたいところです。
TDMと呼ばれる薬物治療モニタリングを行うこともありますので、こちらも業務内容のひとつとして把握しておくべきです。

病院薬剤師に求められるものはコミュニケーション能力で、薬剤師の中でもかなり患者に近いかたちで接することになりますので、
コミュニケーション能力がなければ話にならないでしょう。

そのようなことからあまり人と接するのが苦手というような人にはあまり向いていないといえるかもしれません。
また、注射薬や点滴の扱いには細心の注意を払う必要がありますので、集中力も高いレベルで求められるのではないでしょうか。

万が一、注射薬や点滴にミスがあれば、重大な医療事故に繋がってしまうのです。

病院薬剤師のメリット

こちらの職場で働くことのメリットとしては、最先端で働くことができますので、
その時代にあったスキルや知識を早い段階で身につけられるという強みがあります。

このようなことから薬剤師としての能力をさらに高めたいというような人には非常に向いている職場だといえるでしょう。
このようなものが病院薬剤師の仕事となっておりますので、薬剤師の就職先として覚えておくとよいです。