処方された薬

調剤薬局で働く

薬剤師として働こうと思っているのならば、調剤薬局で働くことについても考えてみてはいかがでしょうか。
こちらの職場は薬剤師の働き口として多くの人が考えている場所になりますので、
しっかりと選択肢として考えておくことによってあなたの理想の職場を見つけられる可能性があるかもしれまえん。

医師との連携

もし調剤薬局で薬剤師として働くことになった場合の業務としては、まず処方箋に従って調剤をするのが主な仕事になってきます。
また、調剤をするだけではなく、それぞれのお客さんに薬を服用する際の注意事項を説明したりする必要もあって、
あなたの説明の仕方によっては理解できないお客さんもいらっしゃるかと思われますので、コミュニケーション能力は非常に重要になってきます。

また、このプロセスでは医療ミスに繋がるような不備を見つけるのも仕事に入っており、
万が一不備があったような場合は医師と連絡を取ったりして連携しながら対処していくことになります。
このようなことからも非常に責任の重大な仕事であることがわかるのではないでしょうか。

キャリアアップについて

調剤薬局でのキャリアアップや将来性について考えてみると、管理薬剤師にまでなることができれば、新たな仕事を任せてもらうこともできるのです。
それが、医薬品の在庫を管理したり、レセプトの管理といった業務で、
これから調剤薬局で仕事をするのならば、このような部分についても把握しておくとよいでしょう。

また、人によっては勤務年数に応じて、本社勤務になるようなこともあって、そこから企画や運営に携われる可能性もありますので、
将来的に薬剤師の仕事を通じて幅広い視野を持って活躍していきたいというような人には向いている職場ではないでしょうか。

メリットやデメリット

調剤薬局で働くのならば、メリットやデメリットについても把握しておきたいところで、これらを踏まえた上で自分にできるかどうかを確認してみるとよいのではないでしょうか。
まずメリットとしてはどのような調剤薬局であっても、勤務内容は大体似通っているといえますので、ある程度仕事を覚えさえすれば柔軟に対応することができるといえます。

また、これは人によってはかなりの大きなメリットになるのですが、勤務時間が柔軟という特徴があって、薬剤師の仕事の中でもかなり残業の少ない分野になっているのです。
このようなことから勤務時間の調整がしやすく、プライベートも仕事も充実させたいというような人にとっては大きなメリットになってくれるのではないでしょうか。

このような部分から女性にとっては嬉しい職場でもあって、出産後の復帰場所としても十分なメリットを持っているのではないでしょうか。
実際にパートタイマーとして、出産後の職場復帰として利用する女性も多くいて、そのような選択肢を探しているのならば覚えておいて損はないでしょう。

人によってはできるだけその土地に留まって仕事をしたいという人も多いかと思われますが、こちらの調剤薬局の場合は小さな移動はあったとしても、
大々的な転勤が少ないタイプの職場なので、大きな転勤をしたくないという人にもおすすめとなっております。

さらに、スキルアップというような意味でもメリットは大きく、職場にもよるのですが、
キャリアアップやスキルアップを目指すための合同勉強会などが行われることもあって、これによって医療知識の向上を目指すことができるのです。

このような勉強会などに参加できる環境にあるのならば、積極的に参加していきたいところです。
次にデメリットになるのですが、基本的に毎日が同じことの繰り返しになりますので、そのような仕事が苦手という人にとってはかなりの苦痛になる可能性もあります。
新薬の開発などを夢見て業界に入ってきた人達にとっては退屈な毎日を過ごすことになるかもしれません。

また、昇給などの機会に恵まれないことも多く、こちらの部分に不満を覚える人もいらっしゃるようです。
さらに、職場のチームワークが重要になってくる業務になりますので、人間関係が非常に重要になってきます。

お客さんとの人間関係も大切になってきますが、それ以上に同僚たちとの人間関係が重要になってきて、
相性が合わない人達と同じ職場になったような場合はかなり辛い思いをすることになるでしょう。

このようなことからもこれから調剤薬局で働くのならば、しっかりと人間という観点から求人選びをする必要があるのではないでしょうか。

このようなものが薬剤師として調剤薬局で働く場合のメリットやデメリット、そして特徴となっておりますので、
このような部分を踏まえた上で自分に向いていると思うのならば、調剤薬局デビューを目指してみるのもよいでしょう。