研究

製薬会社で働く

薬剤師の選択肢のひとつに製薬会社もありますので、これから薬剤師を目指すのならば、こちらについても把握しておきたいところです。
薬剤師の中でも人気の就職先になっていて、その業務は多岐にわたっております。

薬品の管理を行う

製薬会社に薬剤師として勤めた場合には新薬の開発に携われる可能性もありますし、その製造に携わることもあるかもしれません。
また、薬を開発するだけではなく、販売や営業に携わることもあって、その部署によって業務内容は全く異なってくるといえるでしょう。

例えば、管理薬剤師の仕事もあって、基本的に薬品の管理を任せられる仕事となっております。

また、研究職は非常に夢のある仕事でもあって、こちらの研究職を目指して製薬会社の求人に応募する人達は数多くいるといえるでしょう。
薬剤師にとっては花形といえるような仕事もあるのですが、薬剤師の中でも選ばれた人達が就く仕事としても知られており、
薬剤師の資格を持っているからといって、誰でもなれるようなものではありません。

求められる能力や技術も高いものがありますが、それだけやりがいも大きなものがありますので、思い切ってこれらの職種を目指してみるのもよいかもしれません。

また、ある程度経験を積んだ方なら様々な会社を知るという意味でも転職をするという選択肢もいいのかもしれません。
薬学の研究者として転職をしたいならテンプR&D

治験コーディーネーター

治験コーディネーターといった一風変わった職種があるのも製薬会社の特徴で、こちらの仕事は治験の際、新薬と被験者を結ぶような存在です。
被験者とのやりとりを通じて不安や疑問を解消し、よりスムーズに治験を行えるようにするのが仕事となっております。

このようなものが製薬会社での薬剤師の仕事となっておりますので、これらを踏まえた上でこちらの業種に携わってみるのもよいのではないでしょうか。